【benchling】Webで実験ノートを取るサービスの使い方

 どんな生物系のラボでも実験ノートを取らないというラボはないだろう。  そしておそらく、十中八九紙のノートに頼っている。現にうちのラボがそうである。  ただ、徐々にプロトコルなどはパソコンで作って印刷して……みたいな移行は見られるが、完全にラボノートをパソコンにしたという話は聞かない。  作るとした…

Continue reading

卒論まであと4ヶ月……

 昨日、ぼんやりと実験をしながら残りの在学期間について考えていた。  2月頃に卒論発表会があったはずなので、現在から考えると残り約4ヶ月しかないことになる。  対して研究は思ったよりも進んでいないという現状で、若干の焦りを覚える。  なんとかして発表するデータを取らなければならないのだが、どうにも思…

Continue reading

生命科学における主な配列データベース

2018/10/13 時点でのまとめ.先日GEAが登録開始したように追加があるので気が向いたら随時更新する予定.  これまで配列解析をする際にどの種類データがどのデータベースにあるかがはっきりわかっていなかったのでまとめ.  ここではデータベース=一次データベースとして扱う.一次データベースとは,研…

Continue reading

Python for Biologists を終えて

 バイオインフォマティクス学習者向けのPythonの本として「Python for Biologists」という本がある。  現時点として日本語に翻訳はなされていないが、平易な英文で書かれているため、大学学部程度の学力があれば普通に読むことができる。  以下のURLから購入することができる。 htt…

Continue reading

他大学(外部)から東工大大学院に合格して ~面接と合格発表~

2018/09/29 初稿 2020/10/11 ページレイアウト変更、情勢の変化に伴い加筆修正 前回の続き。 面接前日は水族館を見たりしてからホテルへ。町田でホテルを取ったが、町田は正直バスがすごくわかりにくいので時間に余裕を持って出たほうが良い。 もし東工大(すずかけ台)行きのバスがどこかわから…

Continue reading

他大学(外部)から東工大大学院に合格して ~勉強法と参考書~

2018/09/28 初稿 2020/10/11 ページレイアウト変更、情勢の変化に伴い加筆修正 前回の続き。 傾向の変化への対策 曰くB日程は「筆記でほぼ全てが決まる」ということらしいので、勉強する他無い。勉強するに当たってまず「敵を知る」ことが重要となる。敵とはこの場合東工大の院試だ。その院試の…

Continue reading

他大学(外部)から東工大大学院に合格して ~出願や配点~

2020/10/11 ページレイアウト変更、時代の変化に伴い加筆修正 自己紹介 他大学から東工大の大学院に入ったという記事が他に少なく、なおかつ生命理工学系のものはなかったと記憶している。そのため、同じように外部から受験する学生に向けて私が知っている限りの情報を書き留めておこうと思う。 学部時代は関…

Continue reading

SRA Toolkitの使い方 ~ インストールと設定 ~

はじめに(SRAとは) これから何回かに分けて自分で学びながら忘備録としてSRA Toolkitの使い方を残しておこうと思う。 SRA(Sequence Read Archive)を解析する方法として、SRA Toolkitを使う方法がある。というか、使わざるを得ない状況になってきている。 2020…

Continue reading

【Python】mRNAからタンパク質に翻訳するための辞書

 コドン表のCSVやPython用辞書、ありそうで探した時ぱっと見当たらなかったので置いておく。  普段あまり使う機会はないと思うが、学習用に。 ・CSV  codon_table.csv ・Python用コドン表辞書 codon_table = { ‘AUA’:’I’, ‘AUC’:’I’, ‘A…

Continue reading

総合研究大学院大学に合格

 昨日、総研大の合格発表が行われた。  私も総合研究大学院大学の生命科学研究科の某専攻に合格したのだが、まだあと1つ、東工大の結果を控えている。  (自分の所属する大学も合格したが、これは合格率100%であるのでどうでもいい。だが逆に言えば理系でこれだけ定員割れしているのだからワンチャン狙うならば穴…

Continue reading